Event

SIの現場で使えるチケット駆動開発~プロジェクトマネジメントを効率的にするツールと、その実践テクニック~

セミナー報告

今回も多くの皆様にご参加いただき、誠にありがとうございました。

アンケートでは「プロジェクトマネジメントに理解が深まりました」「JIRA6.0使ってみます」「あるある、と思うことがたくさんあり、非常に共感しました」など多くのコメントを頂戴しました。

今後も弊社にてセミナーを開催していきます。今後の情報はTwitter(ハッシュタグ: #gxptech )やFacebookをチェックしてください。

セミナーの資料はこちら:

  1. 「チケット駆動で加速する、顧客と協業するプロジェクトマネジメント」from グロースエクスパートナーズ株式会社/Growth xPartners Incorporated.
  2. 「チケット管理システム Atlassian JIRA のご紹介」from Sean Osawa
  3. 「チケット駆動開発の知っておくべき大切な事」from Makoto SAKAI
  4. パネルディスカッション

セミナー概要

開催日時 2013/8/24(土) 13:00-17:30
参加人数 20名
対象 ・アトラシアン製品・チケット駆動開発に興味のある方
・チケット駆動開発での運用を始めようとされている方
参加費用 無料(懇親会参加の場合は飲食代として1,000円頂戴いたします。ご了承ください。)
会場 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-17-17 渡菱ビル3階
グロースエクスパートナーズ株式会社 セミナールーム
主催・協賛 主催:グロースエクスパートナーズ株式会社
協賛:アトラシアン株式会社

アジェンダ

13:00-13:10 はじめに
13:10-14:10
(60分)

基調講演「チケット駆動で加速する、顧客と協業するプロジェクトマネジメント」

近年、SI現場においてもソフトウェア開発の複雑化が進んでおり、プロジェクトマネジメントの難易度は上がっています。これに対応するためにアジャイルソフトウェア開発方法論が重要ではありますが、そのまま取り入れてもうまくいくわけではありません。
本講演は、SIのプロジェクトマネージャー/リーダー向けに、従来型のウォーターフォールとアジャイルがどのように異なるかを確認した上で、アジャイル要素をどのように活用していくかを考えていきます。特にチケット駆動のようなオンラインツールを利用したコミュニケーションによって、開発者同士だけではなく、顧客とどう協業するかを紹介します。

グロースエクスパートナーズ株式会社
鈴木 雄介

14:20-14:50
(30分)

「チケット管理システム Atlassian JIRA のご紹介」

チケット管理システム(バグ管理、課題管理)にはさまざまなものがありますが、このセッションではアトラシアン社の「JIRA」をご紹介します。JIRAは世界中の多くの企業で使用されているチケット管理システムであり、その顧客にはFacebook、NASA、マイクロソフト、Cisco、BMW、楽天などが含まれています。5月にリリースした最新版 JIRA 6.0 の特徴(モダン、高速、モバイル、シンプル)についてもご紹介します。

アトラシアン株式会社
大澤 俊介様

15:00-16:00
(60分)

「チケット駆動開発の知っておくべき大切な事」

2007年に開発現場で生まれたチケット駆動開発は、ITSのチケット(issue)を使ってタスクを管理するというシンプルさから広く普及しています。ワークフロー管理も可能で、チケットには、計画、作業の状態、議論、関連チケット、構成管理との関連、ビルド結果など、開発に関連する多くの情報が集約されます。チケット駆動開発ではこれらの情報の共有と再利用が可能で、プロジェクトの諸問題を改善できます。
講演では、チケット駆動開発の概要と事例、そしてチケット駆動開発の考え方、勘所、注意点など、実施する際に知っておくべき大切な事を説明します。

株式会社SRA
阪井 誠様

16:10-17:20

パネルディスカッション

株式会社SRA 阪井 誠様
グロースエクスパートナーズ株式会社 鈴木 雄介・和智 右桂
17:20-17:30 質疑応答・アンケートへのご記入

終了後、懇親会を開催しました。

ページトップ