Event

プロジェクトマネージャー・リーダー必見!成功するプロジェクトのための開発基盤と手法~プロジェクト運営とコミュニケーションを円滑にするために ~

♦チケット駆動開発と、それを実現する開発基盤(BTS/Git/CI)を紹介しました!♦

セミナー報告

当日は多くの皆様にご参加いただき、誠にありがとうございました。ご参加者様にご協力いただきましたアンケートでも「具体的な事例が参考になった」「チケットとWBSのバランスでプロジェクトをまわす点に共感できた」「TiDDやツールといった視点に留まらず、様々な視点・コンテキストでの意見が聞けてよかった」など、多くのコメントを頂戴しました。また、懇親会にも半数以上の方にご参加いただきました。

今後も弊社にて技術セミナーを開催していきたいと考えています。今後の情報はTwitter(ハッシュタグ: #gxptech )やFacebookをチェックしてください。

セミナーの資料はこちら:

  1. 基調講演「チケット駆動開発をパターン言語で読み解く~「成功するプロジェクトのための開発基盤と手法」from akipii Oga
  2. 世界で人気のプロジェクト管理/開発ツールベンダー アトラシアン社紹介from Sean Osawa
  3. サステイナブルなSIを実現する開発基盤のあり方/GxPセミナー from グロースエクスパートナーズ株式会社/Growth xPartners Incorporated.

セミナーや懇親会の様子です:

サステイナブルなSIを実現する開発基盤のあり方
「サステイナブルなSIを実現する開発基盤のあり方」を弊社鈴木が講演。デブサミ2013の再演でしたが、情報量を増やし、より濃い内容でお届けしました。
パネルディスカッション
参加者からの質問を元にパネルディスカッションを実施。80分間でしたが短く感じました。
懇親会
セミナー終了後の懇親会でも、ホワイトボードを使ってのディスカッションが続きました!

セミナー概要

実際の開発の現場で起きている問題について、「どのような解決の糸口があるのか」を探っていきます。開発のスピードやコスト削減、サービスの変化などのさまざまな影響により、以前では円滑だったプロジェクトの運営がうまくいかなくなった・計画した通りに進められなくなったなど変化もでています。
これらの問題を解決するため、コミュニケーションの円滑化や開発基盤の整備、開発手法など、さまざまな観点から講演・ディスカッションするセミナーです。

ハッシュタグ: #gxptech

開催日時 2013/3/23(土) 13:00-17:30
参加人数 28名
対象 ソフトウェア設計開発に携わるプロジェクトマネージャー・リーダーを対象としたセミナーですが、ご興味がありましたらどなたでもご参加いただけます。
会場 〒160-0022 東京都新宿区新宿5-17-17 渡菱ビル3階
グロースエクスパートナーズ株式会社 セミナールーム
参加費用 無料
主催・協賛 主催:グロースエクスパートナーズ株式会社
協賛:アトラシアンジャパン

アジェンダ

13:00-13:05 はじめに
13:05-14:05

基調講演「チケット駆動開発をパターン言語で読み解く」

昨今、JIRAやRedmineのようなプロジェクト管理ツールをソフトウェア開発のタスク管理に適用し、アジャイルに運用する「チケット駆動開発」が日本の開発現場で静かに広まっています。
本講演では、チケット駆動開発をパターン言語として再構成するアイデアを元に、チケット駆動開発が何故有効であるのか、そして今後どんな方向へ進化すべきなのか、についてお話します。(講演50分・質疑応答10分)

XPJUG関西
あきぴー様

14:15-14:45

「世界で人気のプロジェクト管理 / 開発ツールベンダー、アトラシアン社のご紹介」

世界の10,000以上の組織で使用されている「JIRA」というプロジェクト / 課題管理ツールがあります。本セッションでは「JIRA」を開発するソフトウェア・ベンダー、アトラシアン社とその製品について簡単にご紹介します。アトラシアン社は「JIRA」の他にも、コラボレーションツール、アジャイルツール、Git リポジトリ管理、継続的インテグレーションなどを開発しています。チームのコラボレーションに必要なツールを提供し、世界中のチームが素晴らしい製品、サービス、システムを開発できるよう支援しています。

アトラシアンジャパン
大澤 俊介様

15:00-16:00

「サステイナブルなSIを実現する開発基盤のあり方(再演)」

SIerの凋落が叫ばれて久しいですが、一方で、顧客企業は「多様化するITを事業の価値に転換する」ための提案と構築を素早く実現できるITプロフェッショナルサービスを期待しています。 こういったニーズに対応するためには、顧客個別のマネジメント/アーキテクチャに適合しつつ、持続的で効率的な開発基盤を構築する必要があります(もちろん、それだけではありませんが)。
セッションでは、弊社が考える次世代SIを紹介し、現在取り組んでいるBTS+DVCS+CIベースの開発基盤についてお話しします。

グロースエクスパートナーズ株式会社
鈴木 雄介

16:05-17:25

パネルディスカッション・質疑応答

XPJUG関西
あきぴー様

グロースエクスパートナーズ株式会社
和智 右桂・関 満徳・鈴木 雄介

終了後、懇親会を開催しました。

ページトップ